お金・資産の知恵ナビサイト

お金・資産知恵ナビサイトでは将来の資産形成に役立つ「お金・資産運用」知恵や知識を公開しています。このお金・資産知恵ナビサイトの内容を学んで頂くことで、経済・年金・投資・資産運用など、一生使える知識を身に付けて頂ければと思います。内容は株式投資や不動産投資もあります。

お金に働いてもらうとはどういう事か

time 2018/02/13

お金に働いてもらうとはどういう事か

 

だいたいの人が「本業以外の収入がもう一つあれば」と考えたことはあるでしょう。また今の時代副業が企業でも公認で許されているのでよりほかで稼ぐことがあたり前になってきています。その中で

副収入を得る代表的な手段が「投資」になるます。投資は時間的な制約がほとんどありません。そのことを「お金に働いてもらう」というケースがあります。投資において「お金に働いてもらう」とはどういうことなのでしょうか?

 

投資でお金に働いてもらう

本業は基本的に自分の時間を会社に使うことにより会社から報酬(給料)を得ています。要は「時間」をつかっているのです。「自分自身で働いてお金を得る」というものから「お金に」働いてもらいお金で得るのです。自分自身のお金にも資産運用という形でお金を稼いでもらうことができます。それが一つ投資なのです。

例えば株式投資では、株価の上昇や配当金でお金を得ることができます。これは定期預金の金利よりも高利回りになることが多い傾向にあります。

またお金で不動産を取得して他人に賃貸として貸すことでお金を得ることができます。これまた定期預金の金利よりも高利回りである傾向にあります。このようにお金を上手く利用して投資することにより自分自身の時間を使用しないでお金を得ることができます。その考えを「お金に働いてもらう」になります。

 

「働かせ方」を知らずに働かせてはいけない

じゃあ、とりあえずお金に働けせればいいのかとなると危険です。

お金に働いてもらうということをしっかりと理解をしないと、詐欺まがいのものに引っかかったりします。金融商品を売るセールスマンもお金に働かせることは大事といって購入を促してきます。

どのようにお金に働かせるかというのは考えていかなければいけません。意識的に「お金を働かせることが大事」と理解した上で次のステップは「お金を働かせる方法」基本的な投資の知識や素養を学ぶことが大切だと思います。

 

 

 

 

未分類

アドセンス広告